医療機関における質の良い看護師の求人とは!

少子高齢化が進む日本で、とくに高齢者が多くなり、長寿化が進み1970年代には男性の平均寿命が72歳、女性の平均寿命が77歳であったのが、男女ともに80歳を超えていることと、90歳を超える人でも珍しくはない社会になってきました。

この要因の大きなものとして、医療の発展と日本における他国との医療技術の差であることは間違いありません。

看護師の紹介に出会えて満足です。

全国に高度な救命医療を行う病院が増え、それらの病院と連携を図る開業医も多くなりました。

一方で医師や看護師の不足問題が慢性化し、大手病院ではどこも医師不足や看護師不足が問題となっています。



そこで、医療機関では、医師や看護師求人に力を入れているため、医療機関の求人市場はとても活況です。

ただ、医療水準が高くなることで、高いスキルが要求され、救急患者や特異な疾病の患者に対応すべく、正確さや早さも要求されます。

とくに夜間診療を行う急性期病院では、当直のスタッフの労働環境は非常に厳しい状態です。
そのためか女性の離職率の高さで看護師が他の職業に比べて圧倒的に高く、そこには女性の職場特有の問題があります。
病院側が求人の際に採用する観点として、質の良い人材を確保したがります。

質が良いとは職務経験です。
転職歴の多い人は何らかの問題を持つ人であると考え、採用を見送ることもあります。

教えてgooの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

また看護師の中にはエージェントからの紹介で就職が決まれば、契約金を受け取る人もおり、転職を繰り返す人もいるようで、質の高い人材を採用するために転職歴や経験値をしっかりと判断しています。